キャッシュページの作り方 - 初心者でも毎月5万円稼ぐブログアフィリエイト


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュページの作り方

キャッシュページを作成するのに必要な記載項目は下記の通りです。
キャッシュページは他の情報記事とは違って商品そのものをイメージ
できるように作ります。

情報商材のセールスレターは非常に長いページで構成されています。
そのため訪問ユーザーは全部読み終えるまでに時間を要し、商品の内容を
全て把握するのにたいへんだと思われます。もしかしたら、大切な部分を
読み飛ばしてしまうかも知れません。

これらの問題を踏まえてキャッシュページでフォローしてあげることが重要です。



◆キャッシュページに記載する内容

● 商品の概要と特徴
● 商品画像(イメージ画像)
● 何ヶ月間 全額返金保証付
● お届け方法 電子書籍のダウンロード、または冊子配送版
● 商品形態 本編マニュアル(A4判 ページ数)
● 発売日 ?年?月?日
● 付随するプレゼント特典
● >>商品名の詳細はこちら<<



それぞれの記載理由を説明しておきます。
その前に「百聞は一見にしかず」で実際のキャッシュページを見て下さい。
キャッシュページの見本ページ⇒ こちら



この見本ページではまだ情報記事が書かれていません。
キャッシュページのみが出来上がっている状態です。



1、商品の概要と特徴
訪問ユーザーにこの商品は何なの?かを簡単に説明します。
何をするもの? 何が出来るもの? が瞬時に理解できればOKです。



2、商品画像(イメージ画像)
訪問者に商品をイメージさせるために記載しています。
形を見せることにより、より一層購買意欲を高める作用を利用しています。
見本ページではイメージ画像を3枚も使っていますが、
通常は1枚有れば十分ですし、画像はなくても構いません。



3、何ヶ月間 全額返金保証付
著者からのアフターフォローは購入者に安心と信頼感を与えます。
「メールサポート付き」など安心を与えるサービスが有るときは
事前に伝えておきましょう。



4、お届け方法
どういう方法で届けてくれるのか?購入者は気になっています。
人に見られたく無い商品や、急いで手に入れたい人にとっては
購入する理由にもなります。



5、商品形態
お金を支払って購入する商品の中身を知らずに買う人はいません。
これから購入する物が「本」なのか「DVD」なのか「CD」
電子ブック(PDFテキストファイル)、ダウンロードソフト
予め教えてあげましょう。



6、発売日
いつごろ作成された教材なのか知ることができれば、これも
一つの安心を与えることになります。5年前や10前に作られた
ノウハウだったらどうしますか?私なら買いません。



7、付随するプレゼント特典
著者がサービスで付けてくれる関連特典は購入を迷っている人に
インパクトを与えます。長いセールスレターを読んでいる内に
頭から薄れて行かないよう、簡単に箇条書きしてあげましょう。



以上7点がアフィリ伝次郎が記載している項目です。
追加しても良い項目もありますが、最低限これらが記載されて
いれば良いかと思います。
値段表示についてはこちらをご覧ください⇒ 値段表示はすべきか?


セールスレターの中から引っ張り出して来て、記事にまとめて
みてください。
最後に >>商品名の詳細はこちら<< を忘れないように!



このブログ記事が書けましたら次は情報記事です。



⇒ 次へ進む≫ 情報記事ページの書き方
⇒ 目次に戻る≫ 

関連記事



記事は参考になりましたか?
↓興味のある内容でしたか?↓
人気Blogランキング



1つ前に戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリ伝次郎にメールする? あなたの応援に感謝します! ブックマーク 解析タグ
人気ブログランキングへ インフォブログランキング
ブログパーツ

  • SEO
  • loading
  • アフィリエイトのお道具箱
  • SEOブログパーツ
SEO
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ インフォブログランキング

トラックバック

http://affilitools.blog133.fc2.com/tb.php/112-a881fe40


★ お役に立てましたか?あなたのご支援があれば、明日もハリキって情報をたれ流しまス!!★
人気ブログランキングへ FC2ブログランキング blogram投票ボタン インフォブログランキング

QLOOKアクセス解析 フォセオラミン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。